【ヤクルト】大西広樹、2年ぶり先発も3回途中3被弾6失点KO 2番手に原樹理、雨でマウンド整備

スポーツ報知
3回途中6失点で降板したヤクルト先発の大西広樹

◆JERA セ・リーグ ヤクルト―DeNA(23日・神宮)

 ヤクルトは大西広樹投手が2年ぶり、プロ2度目の先発。

 強い雨が降る中、初回2死一、二塁から宮崎に右翼ポール際への先制3ランを浴びた。

 3回には佐野にバックスクリーンへのソロ、続く牧の右中間二塁打の後、宮崎に2打席連発となる2ランを左翼席に運ばれて0―6となり、ここで高津監督が2番手の原への交代を告げた。

 原が投球練習中、強い雨によりマウンドに水がたまり、審判団がグラウンド整備を指示。グラウンドキーパーにより土が入れられた。

 優勝マジック「4」としている首位ヤクルトは、6ゲーム差の2位DeNAとの直接対決。連勝すれば2年連続優勝が決まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×