【日本ハム】宮森攻略10回に一挙4点 新庄ビッグボス「上川畑くんはチャンスに強い!」

スポーツ報知
6回1死一、二塁、アルカンタラが勝ち越しとなる適時打を放ち、生還した清宮幸太郎が細川凌平(右)とタッチ(投手・涌井秀章)

◆楽天3―6日本ハム(23日・楽天生命パーク)

 日本ハムは延長10回、デビューから22試合連続無失点を継続していた楽天の6番手・宮森を攻略。一挙4点を奪った。

 10回、今川、近藤の連打で無死一、二塁とすると、新庄監督は清宮に送りバントを指示。初球を空振りしながらも、清宮が何とかバントを決め1死二、三塁とチャンスを広げた。ここで、続く上川畑が左前適時打。勝ち越しに成功し、ビッグボスも「しかし上川畑くんはチャンスに強いね! 頼りになりますわ!」とコメントした。

 なおも1死一、三塁で、松本剛が代打で登場。一塁走者が盗塁を決め、1死二、三塁から三塁線を鋭く破る2点二塁打で追加点を奪った。さらに木村も左前適時打で続き、この回一挙4点。試合を決めた。

 日本ハムは1点を追う6回に、近藤、清宮の連続二塁打で同点とすると、アルカンタラの中前適時打で勝ち越し。しかし先発の根本が7回、辰己に同点弾を浴び、試合は延長に入っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×