田中希実、1500Mで4分10秒41の大会新記録で優勝「勝つことを意識」…全日本実業団

スポーツ報知
女子1500メートルで優勝した田中希実

◆陸上 全日本実業団対抗選手権 第1日(23日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場)

 女子1500メートルで、東京五輪8位入賞の田中希実(豊田自動織機)が、4分10秒41の大会新記録で優勝した。雨が降りしきる中でのレースを終え「天気もありますし、世界陸上の標準を狙うとかではなく、まずはしっかり勝つことを意識しました」と振り返った。東京五輪5000メートル9位の広中璃梨佳(日本郵政グループ)は4分23秒34で全体18位だった。

 田中は序盤「今日はうまくレースに乗って、それを自分のものにするところを意識していた」と集団の一番後ろでレースを進めた。1周を過ぎてから徐々にスピードを上げ、ラスト1周に入った瞬間ギアチェンジ。一気に後続を振り切った。それでも「いつもと違う形で走ったので自分の中で戸惑いとか焦りが出てしまった。自分を制御しきれていなかったのはあります」と課題を挙げた。

 田中は25日の女子5000メートルにもエントリーしている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×