【阪神】原口文仁、2号2ランを左翼席上段へ、初回から4安打4得点と打線爆発

1回1死二塁、原口文仁が追加点となる左越え2ラン本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)
1回1死二塁、原口文仁が追加点となる左越え2ラン本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(23日・マツダスタジアム)

 阪神の原口文仁内野手が2号2ランを放った。

 初回1死二塁、1ボールから広島先発・大瀬良の112キロカーブを完璧に仕留めた。確信十分の一発は左翼席上段で弾んだ。

 1死一塁では近本が右中間を破る二塁打で先制すると、続く大山が中堅フェンス直撃の適時二塁打をマークし、チームは初回に4得点を挙げた。

 4連敗で5位まで転落してしまったが、CSへ向け4位・広島との最終戦で打線が爆発した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×