玉鷲が2敗で単独首位死守 1差で追走の高安と北勝富士がともに敗れれば14日目にも優勝の可能性

スポーツ報知
玉鷲(上)は、突き落としで錦富士を破る (カメラ・佐々木 清勝)

 ◆大相撲 ▽秋場所13日目(23日、東京・両国国技館)

 2敗の東前頭3枚目・玉鷲(片男波)は、東前頭10枚目・錦富士(伊勢ケ浜)を突き落として、単独トップを守った。錦富士は4敗に後退した。

 西前頭8枚目・北勝富士(八角)は、東同筆頭・翔猿(追手風)との3敗対決を突き落としで制した。

 西前頭4枚目・高安(田子ノ浦)は、小結・霧馬山(陸奥)を突き落として3敗を守った。

 14日目は2敗の玉鷲が翔猿、3敗の高安は関脇・豊昇龍(立浪)、同じく3敗の北勝富士は関脇・若隆景(荒汐)と対戦。玉鷲が勝ち、高安と北勝富士がともに敗れれば、玉鷲の2度目の優勝が決まる。

 4敗は若隆景に平幕の翔猿、錦富士、竜電の4人。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×