【日本ハム】清宮幸太郎が同点二塁打「『近さん打法』でいきました」

6回1死二塁、同点の適時二塁打を放った清宮幸太郎(カメラ・堺 恒志)
6回1死二塁、同点の適時二塁打を放った清宮幸太郎(カメラ・堺 恒志)

◆楽天―日本ハム(23日・楽天生命パーク)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が、6回に同点二塁打を放った。

 1点を追う6回、近藤が右中間二塁打を放ち1死二塁と好機を演出した。ここで清宮が涌井の初球、135キロのシンカーを捉え右中間を破る同点の適時二塁打。「目の前で近さん(近藤)がお手本のようなツーベースを打ってくれたので、『近さん打法』でいきました」とコメントした。

 さらに上川畑が死球で1死一、二塁から、アルカンタラの中前適時打で清宮が勝ち越しのホームを踏んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×