村田兆治容疑者を暴行の疑いで現行犯逮捕 保安検査場で女性検査員の肩を押した疑いも容疑を否認

スポーツ報知
村田兆治容疑者

 ロッテのエースとしてプロ通算215勝をあげた元プロ野球選手の村田兆治容疑者(72)が23日、東京・羽田空港の保安検査場で女性検査員に暴行を加えたとして、暴行の疑いで現行犯逮捕されたことが同日分かった。

 この日午後、羽田空港第1ターミナル北ウイングの保安検査場で30代女性検査員の左肩を右手で押すなどした疑い。検査員にけがはなかったというが、村田容疑者は「肩を押していない」と容疑を否認している。同容疑者は保安検査場の金属探知機に何度も引っかかっていた。関係者によると、携帯電話が反応したとみられるという。

 村田容疑者は「マサカリ投法」の異名を持つ豪快な投球フォームで知られ、速球とフォークボールを武器に通算215勝を上げ、名球会入りしている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請