宮根誠司氏、旧統一教会・勅使河原秀行氏の会見に「純粋に信仰心なのか、お仕事としてやってらっしゃるのか」

スポーツ報知
宮根誠司氏

 23日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、23日、同番組が生中継した世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が都内で開いた記者会見について特集した。

 会見には、教団の改革推進本部長に就任した勅使河原秀行氏が出席。会見で「安倍元総理の銃撃事件以降、様々な報道を通じて世間を大変お騒がせしたことならびに日本国政府そして国会議員の皆様に大変なご迷惑をおかけしたこと心からおわび申し上げる」と謝罪した上で様々な教団批判に弁護士とともに反論。独自の改革案を発表した。

 会見の映像を見たコメンテーターで出演のお笑いタレント・ガダルカナル・タカは「この方(勅使河原氏)たちって、どこまで自分たちのやっていることが認識できているんですか? どこかでやっぱり洗脳されている部分があって、やらされているのか、何か分かってはいるけど、どうにもならないがんじがらめでやるしかない状況でやっているのか、どうなんですかね?」と疑問を呈した。

 これに対し、宮根誠司キャスターは「本当に勅使河原さんも純粋に信仰心を持って昨日の会見に臨んでらっしゃるのか、幹部として、もっと言うなら自分のお仕事としてやってらっしゃるのか、どうなんですかね」と話した。

 これらの疑問に対し、旧統一教会の取材をして20年のジャーナリスト・鈴木エイト氏は「中間管理職の悲哀を感じますよね。どんなことを言ったとしても隣の強面(こわもて)の弁護士から注意されて引っ込んじゃうみたいなところがあって」と答えていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請