カンテレアナウンサー特番第6弾は「社会貢献」がテーマ カンニング竹山&ぺこぱ「面白い」24日放送

カンニング竹山(前列中央)、ぺこぱ(その両脇)と共演したカンテレアナウンサー(カンテレ提供)
カンニング竹山(前列中央)、ぺこぱ(その両脇)と共演したカンテレアナウンサー(カンテレ提供)

 大阪・カンテレ恒例のアナウンサー特番「カンニング竹山&ぺこぱ&カンテレアナ総出演! 社会のために体を張ってご奉仕SP」が24日、午後2時57分から放送される(関西ローカル)。

 シリーズ第6弾のテーマは「バラエティー的社会貢献」。毎回、アナウンス局長にふんしているカンニング竹山が「世のため人のためになることをするべきだ!」と指令を出し、カンテレアナウンサーが3つの課題に奮闘する。

 21人のアナウンサーが挑んだ「30秒動画」は、1人1本ずつ、社会貢献をテーマにした30秒の動画を制作し、YouTubeの「カンテレchannel」にアップ。再生回数をもとに、ランキング形式で発表する。

 阪堺電車からの「駅構内で流すアナウンスをユーモアを交えたアイデアでお願いしたい」という課題には、豊田康雄アナ、竹上萌奈アナ、橋本和花子アナの3人が挑む。

 「必殺! 声の仕事人 代読屋」では、「6年前に別れた元カノとヨリを戻したい」という34歳独身男性の願いを叶えるべく、杉本なつみアナが熱い気持ちをしたためた手紙をる女性の前で代読。そのVTRに「ぺこぱ」の松陰寺太勇は「ギャラクシー賞、確実でございます!」と大絶賛する。

 番組の見どころについて、竹山は「社会貢献ってなんだろうと真面目に考えるところもありますが、カンテレアナウンサーの皆さんが考えて体を張って、いろんなことをやっているロケが本当に面白い。クスっと笑えるところがいっぱいあるので、固く考えずに気軽な気持ちで楽しんで下さい」とコメント。

 松陰寺は「芸人さん顔負けのロケが面白くて。豊田アナがなぜエレキギターを持っていたのか…僕の中ではもう面白いです!!」と笑った。相方・シュウペイは「アナウンサーと聞くと固いイメージですが、これはもうお昼のバラエティーです! 仲の良さやそれぞれの個性を楽しんでみて下さい!」とPRした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×