小原ブラス、プーチン大統領の動員令に私見「次の世界の秩序を築く時には、強制的な動員がNGな世界に」

スポーツ報知
小原ブラス

 ロシア出身のタレント・小原ブラスが23日、自身のツイッターを更新。ロシアのプーチン大統領が、ウクライナでの戦闘における劣勢打開を狙い、第二次世界大戦後初めてとなる動員令を出したことについて私見を述べた。

 この日、「ロシアの動員令の件を見て改めて、拒否出来ない強制的な徴兵や動員って国民に対する非人道行為やと思う」と書き始めた小原。

 「国のために戦うと志願する国民がいなくて戦争に勝てないのであれば、それが国民の選択だし負けでいいと思う」と続けると、「次の世界の秩序を築く時には、強制的な動員がNGな世界になるといいなと思ってる」と記した。

 小原はロシア・ハバロフスク生まれ。ロシア人の両親のもと生まれるが、5歳の時、両親が離婚。母親が日本人と再婚し、兵庫県姫路市に移住している。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×