【POG】厩舎ゆかりの血統馬グリューネグリーンが東京開幕週デビューへ 相沢調教師「生まれ変わってきた」

JRAロゴマーク
JRAロゴマーク

 新馬のグリューネグリーン(牡2歳、美浦・相沢郁厩舎、父ラブリーデイ)は、10月9日の東京5R・2歳新馬戦(芝2000メートル)にミルコ・デムーロ騎手とのコンビでデビューを目指している。祖母は99年のオークス馬ウメノファイバーで、13年のオールカマーを制するなど重賞2勝を挙げたヴェルデグリーンを半兄に持つ。いずれも相沢調教師が手がけて、まさしく厩舎ゆかりの血統馬だ。

 9月9日にゲート試験に合格して、その後も順調に乗り込まれてきている。相沢師は「走ってくれると思います。ヴェルデグリーンにそっくりで、最初に牧場で見た時、生まれ変わってきたのかと思ったくらい」と、思い入れは強い。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×