ヤンキース・ジャッジ、4打席で3四球1三振 勝負避けられリーグ&球団記録の61号は足踏み続く

スポーツ報知
ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(ロイター)

◆米大リーグ ヤンキース―レッドソックス(22日、ニューヨーク=ヤンキースタジアム)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)が22日(日本時間23日)、本拠地・レッドソックス戦に「1番・右翼」でスタメン出場。7回の4打席目まで3四球、1三振と、勝負を避けられている。

 20日(同21日)の本拠地・パイレーツ戦で史上6人目となる60号本塁打を放ったジャッジ。1961年にマリスが樹立したア・リーグ&ヤンキース記録に王手をかけていた。前日21日(同22日)は本塁打こそ出なかったが、2本の二塁打を放って、打率3割1分7厘で三冠王の座は守った。

 この日のレッドソックスの先発は右腕のワカ。試合前の時点でこれまで、14打数無安打で9三振を喫していた天敵だった。初回先頭の1打席目は、1度もバットを振ることなく、4球連続ボールの四球で出塁。本拠地のファンからは大ブーイングが起きた。3回1死の2打席目も四球。先取点を奪った直後の5回1死一、二塁の3打席目は空振り三振を喫した。3―4で1点を追う7回無死二塁の4打席目も、2番手右腕・シュライバーから四球を選んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×