【オールカマー】3冠牝馬デアリングタクトは6枠8番、9か月半ぶり実戦のソーヴァリアントは4枠4番

スポーツ報知
デアリングタクト

◆第68回オールカマー・G2(9月25日、中山競馬場・芝2200メートル)枠順決定=9月23日

 1着に天皇賞・秋(10月30日、東京競馬場・芝2000メートル)の優先出走権が与えられるオールカマー・G2の出走馬13頭の枠順が決定した。

 秋の始動戦となる3冠牝馬デアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)は6枠8番となった。前走のチャレンジC・G3で圧勝し、9か月半ぶりの実戦となるソーヴァリアント(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎、父オルフェーヴル)は4枠4番、1年4か月ぶりとなった鳴尾記念・G3で復活Vとなったヴェルトライゼンデ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎、父ドリームジャーニー)は同じく4枠の5番に決定。

 決定した枠順は以下の通り(馬番、馬名、性齢、騎手、斤量の順)。

(1)ロバートソンキー 牡5 伊藤 工真 56

(2)ジェラルディーナ 牝4 横山 武史 54

(3)ウインキートス 牝5 松岡 正海 54

(4)ソーヴァリアント 牡4 川田 将雅 56

(5)ヴェルトライゼンデ 牡5 戸崎 圭太56

(6)クリスタルブラック 牡5 吉田  豊 56

(7)アドマイヤアルバ セン7 原田 和真 56

(8)デアリングタクト 牝5 松山 弘平 54

(9)クレッシェンドラヴ 牡8 内田 博幸 56

(10)テーオーロイヤル 牡4 菱田 裕二 56

(11)キングオブドラゴン 牡5 三浦 皇成 56

(12)フライライクバード 牡5 福永 祐一 56

(13)バビット 牡5 横山 典弘 56

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×