鈴木エイト氏、旧統一教会の会見に勅使河原秀行氏が出席した背景を解説…「メディアコントロールのために出てきた」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は23日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が22日に東京都渋谷区の教団本部で記者会見したことを報じた。

 会見には、教団の改革推進本部長に就任した勅使河原秀行氏が出席した。スタジオで勅使河原氏の経歴を紹介。それによると京大農学部卒で元大手証券マン。1992年に元五輪選手と合同結婚式に参加し非常に話題になった。その後は旧統一教会の要職を歴任しているエリート信者と伝えた。

 スタジオでジャーナリストの鈴木エイト氏は勅使河原氏について「教団内部で原理講師としても活躍されていたり、本部でも要職は歴任されてきたんですね、ここ何年か。なのでこういうタイミングで出てきたっていうのは(会見の)最初に広報部長から話もあったようにメディアで過去騒がれた人っていうことで、メディアコントロールのために出てきたのかなと思うんですけど」と解説した上で、「ただその割にですね、手が震えていたり、非常に緊張している様子とどこかでウソをついているってことがバレるんじゃないかなみたいなドキドキ感が伝わる会見でした」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請