J1コンサドーレ札幌MF駒井善成が全戦出場へ残り5試合「継続して貢献したい」

左足でパスを出す札幌MF駒井(中央)
左足でパスを出す札幌MF駒井(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌は22日、オフを挟み、札幌ドームホヴァリングステージで練習を再開した。中断明けの次節(10月1日)は今年最後の札幌厚別開催で川崎と戦う。MF駒井善成(30)は今季チームで一人、全29戦出場中。「自分の体と向き合いケガなくやれている結果。残り5戦も継続して貢献したい」と文字通りのフル稼働を誓った。

 疲れは見せず軽快に駆けた。札幌でプレー5季目、6月に30歳を迎えた今季は、フル出場18戦含む全戦で先発を担う。19年は右膝手術も2度経験。それでも自己管理を重ね、14年(J2京都)は2戦、一昨季、昨季は1戦届かなかった初の全戦出場も視界に入ってきた。「30歳になったけど体の調子はどんどん上がってる感じ。いい選手も多く、競争に負けないぞと始まった今季。最後まで信頼に応えたい」と、残留確定へのラストスパートへ決意を込めた。

 フル出場の首位・横浜M戦(18日、0〇0)後はつかの間のオフでまな娘、息子から力ももらった。直近3戦で勝ち点7と上向く仲間と共に次は2位川崎に挑む。「強い相手が続くけど、自分たちの力を信じてやればいい試合ができるはずなので」。家族、チームの大黒柱が、残り5戦も力の限り走り抜く。(川上 大志)

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×