U―21日本代表、FW細谷真大の同点ゴールもU―21スイス代表に1―2と敗戦

スポーツ報知
細谷真大

◆国際親善試合 U―21スイス代表 2―1 U―21日本代表(22日、スペイン・マルベージャ)

 U―21日本代表はU―21スイス代表に1―2で敗れた。前半9分に失点したが、同15分にFW細谷真大(柏)が同点ゴール。しかし後半3分に再びリードを許し、勝利をつかむことはできなかった。

 4―3―3で臨んだ日本代表の先発メンバーは、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、左からDF大畑歩夢(浦和)、木村誠二(FC東京)、西尾隆矢(C大阪)、畑大雅(湘南)、MF松岡大起(清水)、本田風智(鳥栖)、鈴木唯人(清水)、FW斉藤光毅(スパルタ)、細谷真大(柏)、山田楓喜(京都)。キャプテンマークは西尾に託された。

 前半9分に左CKからヘディングで押し込まれて先制されたが、勢いを落とすことなくプレッシャーをかけていく。同15分、大畑が奪って斉藤につなげ、最後は鋭いスルーパスに抜け出した細谷がペナルティーエリア右から右足シュート。相手GKに触られたが、ゴール左へと流し込んだ。

 同点のまま迎えた後半はDF馬場晴也(東京V)、MF川崎颯太(京都)、佐藤恵允(明大)、FW木村勇大(関西学院大)がピッチへ。だが、立ち上がり3分に中央を崩されて失点を喫した。同15分、DF加藤聖(長崎)、MF藤田譲瑠チマ(横浜FM)、田中聡(コルトレイク)、FW藤尾翔太(徳島)を送り込み、同21分には藤田からパスを受けた佐藤が左サイドからドリブルで進入し、藤尾のシュートチャンスを作ったものの、ゴールは奪えず。同28分、加藤がペナルティーエリア手前からのFKを直接狙ったが、GKにはじかれた。今試合は両チームの取り決めにより交代人数の制限を設けなかったため、GK以外の全員が出場。1点を追いかけゴールに向かったが、試合はそのまま1点差で敗戦となった。

 同代表は26日(日本時間午後10時半)、イタリアのカステル・ディ・サングロでU―21イタリア代表と対戦する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×