Cocomi、母・工藤静香は「存在そのものが派手」…NHK「SONGS」での母子共演がネットでも話題に

Cocomi
Cocomi

 俳優・木村拓哉と歌手・工藤静香の長女で、モデルでフルーティストのCocomiが22日に放送されたNHK総合「SONGS」(木曜・午後10時)で、母と共演した。「黄砂に吹かれて」(セルフカバーアレンジ)で母・静香が歌い、傍らでCocomiがフルートを吹いた。

 Cocomiは今年デビュー35周年の母について「デビューしたのが14歳の時。母親が。それがもうすごくて。今自分が21なんですけれど、昔の映像を見ても大人の表現ができているのがすごい。それはリスペクトしています」と語った。

 さらに「がんばってー。存在そのものが派手なので、そのまま100歳まで行っちゃって下さいって気持ちで」とエールを送っていた。

 全国地上波での親子共演にツイッター上でも反響が大きく「親子共演を初めて見たのですが綺麗な音で静香さんの歌ともあっていてとてもよかったですよね」「SONGSの工藤静香さんすてきでした。Cocomiちゃんとの親子共演も見ごたえありました。もう一回見たいし、CD聴いてみたいかも」「Cocomi笑ったら工藤静香そっくり」「横顔が静香ソックリだわ」などの感想が続々と投稿されている。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×