【巨人】メルセデスが5回1失点も援護なく7敗目 桑田コーチ「勝たせてあげたかった」

5回を終えて大城卓三(右)とタッチを交わすメルセデス(カメラ・相川 和寛)
5回を終えて大城卓三(右)とタッチを交わすメルセデス(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ DeNA3―0巨人(22日・横浜)

 巨人のC・C・メルセデス投手がDeNA戦に先発。5回4安打1失点5奪三振だったが、打線の援護がなく7敗目を喫した。

 初回、先頭の桑原に三塁線を破られる二塁打を浴びると、捕犠打で1死三塁のピンチを背負った。ここで佐野は二ゴロに封じたが、牧に中前適時打を許して先取点を失った。それでも2回以降は走者を背負いながらも立ち直り、4、5回はいずれも三者凡退。初回の1点のみで踏ん張ったが、打線が相手先発・石田の前に封じられ、1点リードされた6回に降板となった。

 6月4日のロッテ戦(東京ドーム)以来、11戦ぶりの白星はつかめず。桑田投手チーフコーチは「3回まで走者を出しながらよく粘り強く投げた。本当にきょうはよく粘ったナイスピッチングだと思います。今日は勝たせてあげたかった」と語った。

試合詳細

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請