田中聖被告、執行猶予判決2日後に覚醒剤使用…初公判での検察指摘に「間違いありません」

田中聖被告
田中聖被告

 覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪で起訴されたアイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー・田中聖被告(36)の初公判が22日、千葉地裁松戸支部で開かれた。

 最前列の傍聴席で両親が険しい顔で見守る中、田中被告は黒スーツ姿で出廷した。背筋を伸ばし、はっきりした口調で「間違いありません」と起訴内容を認めた。裁判中は終始、手を握りしめた状態で膝の上に置き、姿勢を正して、まっすぐ検察官を見つめていた。

 田中被告は、名古屋地裁で覚醒剤取締法違反(使用、所持)などの罪で懲役1年8月(求刑2年)、執行猶予3年の判決を6月20日に受けていた。今回の検察の冒頭陳述によると、覚醒剤使用の衝動を抑えきれなくなり、判決の2日後から吸引していた“スピード再犯”だったことを指摘した。

 また検察は、田中被告が大麻を5年ほど前から、覚醒剤は約1年前から月に5~6回ほど常用しており、逮捕当日の6月29日は同居家族に見つからないよう持ち出したとの供述を明らかにした。逮捕前日も千葉県内の自宅で薬物を使用していた。

 田中被告は6月29日午後10時ごろ、JR柏駅付近で覚醒剤を所持した疑いで現行犯逮捕された。検察側によると、田中被告は薬物依存者の自助グループに会うために外出していたという。

 田中被告は今月2日、保釈保証金600万円を納付し、勾留先の千葉県警柏署から保釈された。次回公判は10月27日。判決公判は12月13日予定。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×