【大学野球】大商大・伊原陵人5回1失点「7、8割の力加減」約3か月ぶりマウンド11球団スカウト熱視線

スポーツ報知
5回1失点の大商大・伊原陵人

◆関西六大学野球秋季リーグ戦 ▽第4節1回戦 大商大5―2大経大(22日・わかさスタジアム京都)

 大商大のプロ注目左腕・伊原陵人(4年=智弁学園)が、11球団のスカウトが視察する中、5回1失点。今季初登板ながら、5奪三振、無四球でチームを開幕5連勝に導き、「間隔が空いたので、力加減でいくと7、8割で、しっかり伸びのある球を投げる意識を。先制点取られてしまったことは反省点です」と振り返った。

 6月の関西オールスター以来の実戦マウンドだった。勤続疲労で、肩甲骨裏が固くなっていたため、6週間ノースロー期間を設け、オープン戦も出場なし。万全の状態ではない中、2回2死二塁で右越えの適時二塁打を許したが、この1失点で踏みとどまった。5回は3者連続三振で復帰マウンドを締め「ストライクが入らないというようなことはなく、感覚自体は悪くなかった」と秋1勝に安ど。富山陽一監督は、OBで19年にドラフト4位でヤクルトに入団した大西広樹投手と重ね「(大西が)プロ行く前もちょうどこんな感じ。スピードが乗ってこなくて。ただ(いいところは)軌道修正ができて対応力がある。大西みたいに毎日放りたいって(言っている)。左の大西みたい」と期待を込める。

 プロ志望届は既に提出済み。対戦したい選手を問われた左腕は「日本一の目標が先にあるので、それを達成してから考えたい」と大学野球の頂点だけ見据える。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×