【DeNA】伊勢大夢が魂の15球 8回無死満塁のピンチで見事な火消しで完封勝ち ヤクルトを追走

8回途中4番手で登板した伊勢大夢(カメラ・今西 淳)
8回途中4番手で登板した伊勢大夢(カメラ・今西 淳)

◆JERAセ・リーグ DeNA3―0巨人(22日・横浜スタジアム)

 DeNAが初回に牧秀悟内野手の先制タイムリー、6回には宮崎敏郎内野手が2戦連発となる13号ソロを放って主導権を握った。

 先発の石田健大投手が3回に四球を絡めて2死満塁のピンチを背負ったが、4番・中田を中飛に打ち取ってしのいだ。

 8回には3番手のエスコバーが無死満塁のピンチを作って1死もとれずに降板。最大のピンチで伊勢がマウンドに上がり、中田を右飛、岡本を見逃し三振、代打中島を二飛に打ち取る見事な火消し。得点を与えなかった。

 石田は6回3安打無失点で2017年以来、5年ぶりに6勝目を挙げた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×