ウクライナ出身のバンドゥーラ演奏家カテリーナ、庄野真代と「翼をください」を披露 NHK BSプレミアム

スポーツ報知
「翼をください」でコラボしたカテリーナと庄野真代

 ウクライナ出身で民族楽器バンドゥーラ演奏家のカテリーナ(36)が、24日放送のNHK BSプレミアム「歌えるJ–POP 黄金のヒットパレード決定版」(後9時)に出演し、シンガー・ソングライターの庄野真代と「翼をください」をコラボした。

 「一番許せないのは子供たちが殺されていること。何も罪のない子供たちが犠牲にあっている」と話し、1日も早くウクライナに平和が訪れることを祈った。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から7か月。いまだに戦火が止まない中、歌で平和を訴えた。

 カテリーナはチェルノブイリ原子力発電所から2・5キロメートル離れた町、ウクライナ・プリピャチ生まれ。「生後30日の時にチョルノービリ原発事故に被災し、一家は町から強制退去させられた」という。そういう環境の中で6歳の時にチョルノービリ原発で被災した子供たちで構成された音楽団「チェルボナカリーナ」に入団し、海外公演に多数参加してきた。

 「何度もコンサートで来日する中で日本の素晴らしさに感動」したことから、19歳の時に音楽活動の拠点を東京に移し、地道なコンサートを繰り返してきたと言う。

 そんな中で勃発したのが、ロシア軍によるウクライナへの軍事侵攻だった。カテリーナは「たくさんの子どもや女性、お年寄りが殺されている」と母国の現状を語る。母親のマリヤさんは首都のキーウに1人で住んでいたが、3月にウクライナ脱出を決意。電車で11時間、ポーランドとの国境に近い西部のリヴィウに移動。その後、何時間も歩いて国境を越え、ポーランドの避難所に入ったが、日本政府がウクライナ人の受け入れを表明したことで、ワルシャワから英ロンドンを経て来日。現在はカテリーナと暮らしている。

 そんな中で、「どんな事情があっても独立国家に侵攻することは許してはならない」と訴えてきたフォークシンガーの松山千春が、バンドゥーラ演奏で全国を回るカテリーナを知り自らの東京公演(東京国際フォーラム=5月12日)のステージに立たせた。客席からの大きな拍手に迎えられたカテリーナは、そこで「翼をください」をバンドゥーラで披露したことが大きな話題となった。

 同曲は1971年に赤い鳥がヒットさせた曲。カテリーナは「日本の大好きな曲。千春さんと相談する中で選曲したが、ここまで話題にるとは…」

 母親は日本に避難してきたが、2人の姉とその子どもらは今も現地にいる。「戦争はフェイクじゃない」と言う。番組では「子どもたちのために、これ以上の事故は起きてほしくない。1日でも早くウクライナに平和が戻ってほしい」と、ウクライナの国花として知られる「ひまわり」をバックに母国に向けて庄野真代とのコラボで「翼をください」を熱唱した。

 年末の「紅白」への出演も囁かれている。NHKにとってもウクライナ問題は大きなテーマになるだけに「外せないアーティストの一人になるのでは」との声も高まり始めているという。しかも、現在、65弦からなるバンドゥーラは日本で彼女を含め2人しか演奏できないと言うのも大きなポイントになっている。カテリーナは「徐々に楽器が知られるようになって、日本でも関心を持つ人が出来てきたと言うので嬉しい。バンドゥーラという民族楽器が日本でも知られることで、これからもウクライナへの関心が高まってくれたらうれしい」とも語っていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×