THE RAMPAGE・川村壱馬インタビュー ロングバージョン<1>

スポーツ報知
インタビューに応じたTHE RAMPAGEのボーカル・川村壱馬(カメラ・竜田 卓)

 THE RAMPAGEのボーカル・川村壱馬(25)が主演する映画「HiGH&LOW THE WORST X」(平沼紀久監督)が絶賛公開中だ。19年公開の前作に続くシリーズ最新作で、韓国のアイドルグループ・NCT 127の中本悠太(26)やBE:FIRSTのRYOKI(23)ら人気ボーイズグループのメンバーも出演しており「まさか一緒にできると思わなかった」と振り返った。来月には映画「貞子DX」(木村ひさし監督)の公開が控えるが「ホラー映画は大チャンスと思った」とも。デビューまでの苦労やメンバーへの思い、ソロデビューへの決意など聞いた。(ペン・国分 敦)

 * * *

 3年ぶりの続編は前回よりパワーアップしている。鬼邪高、鳳仙学園のメインキャストは続投し、新たに鈴蘭高に君臨するラオウ一派、そして瀬ノ門工の極悪コンビとして中本、RYOKI(三山凌輝)が登場する豪華な布陣だ。映画は川村演じる鬼邪高のアタマ・花岡楓士雄が鳳仙、鈴蘭と協力して瀬ノ門工と壮絶バトルを展開するストーリーで、続編の話は前作の撮影中に聞かされていたそうだ。

 「前回の『ハイロー』のエンディングが意味深な感じだったので、みなさんも次があると思っていたと思います。僕は続編があるのは前作を撮っている段階から聞いていたので『次はいつなんだろう』って思っていました。で、コロナ禍があって撮影時期が流れちゃったりを何度か繰り返しながら、今年ようやく撮影に入れて率直に嬉しかったです。改めて3年という時をへて楓士雄も成長していることも頭に入れて撮影に臨みました」

 台本を見た時、楓士雄の立ち位置に違和感も感じたという。

 「台本読んだら『こういう設定ってどうなんだろう』っていう部分もありました。作品としてはすごい面白いんですけど、楓士雄がすでにアタマって設定にもなっちゃっていたんですよね。前回は(アタマを競った)轟洋介(前田公輝)から『アタマは一旦預かる』みたいにいわれて、楓士雄が『はあ…』っていったやりとりでしたから。あの時点で楓士雄をアタマだと思った仲間がいてもおかしくはないんですけど、俺的には『俺がアタマだ』っていう自覚がないんですよ。鳳仙のアタマ・上田佐智雄(志尊淳)とタイマンしたんだけど、それは『サッチー強いからタイマンしようぜ』っていう、楓士雄の天真爛漫のキャラなんですよ。シンプルに本当に強い男になりたいと思っているだけで、本人にアタマの意識はない。それが続編では設定自体、アタマから入っていたもんだから…」

 ―どう自分を納得させて撮影に臨んだのか。

 「そこは戸惑いというか、正直『はっきりと違う。そうじゃないという認識で撮ります』って感じでした。まあ、モヤモヤはありましたが『周りにも楓士雄をアタマだと思ってもおかしくないシチュエーションはあったよな』っていうところで、自分の中で腑に落としながらっていう感じでやりました」

 今回、中本とRYOKIの配役には驚きが隠せなかったそうだ。

 「決定前から(出演の)お話を聞いてましたが『えっ、まさか。今、こういうオファーがあるの』って思いましたね。だってこの作品ってLDHの総合エンターテインメントという印象が強いじゃないですか。僕もこのプロジェクトが発足して企画部署ができる前から『僕、出たいです』とかアピールしていましたから。自分のイメージとして俳優さんは(外から)ガッツリ来てもらうことはあっても、ガッツリ活動もされている外部のアーティストさんはいなかったので、そこは意外な感じはしました」

 ―同じボーイズグループで、ライバルともいえる存在だが…。

 「捉え方によってはそうですよね。だからこそ配役を見た時に『すごい』って思ったし『まさか出てくれるのかな』って。ワクワクもありつつ『出てくれたら本当すごいコラボレーションだよな』と思っていました。そしたら悠太君も『ぜひ出たいです』って快くOKしてくれたと聞いて、すごい嬉しかった。リョウキも前作の『HiGH&LOW the WORST』を何度も見たそうで、それも3、4回とかのレベルじゃないぐらい。『ハイローファン』っていってくれたのが心に響きました」

 川村壱馬、吉野北人、中本悠太、RYOKIの4人のコラボが劇中歌「Wings」で実現した。

 「レコーディングはそれぞれの仕事の合間で録ったりで、一緒にスタジオ入ってってガッツリっていう感じじゃありませんでした。ただ、出来上がったものを聴いた時はもう感動です。今までコラボというと歌番組で曲をカバーさせていただいたぐらい。新規楽曲で別のアーティストさんとご一緒させてもらうっていうのが初めてでした。一緒にやって(声質とか)の違いも感じました。やっぱり事務所によって、こんなにも色が違うんだな~って、めっちゃ思いました。自分もいい刺激になりましたし、悠太君には『声、めっちゃいいですね』っていいました」

 <2>へつづく

 ◆川村 壱馬(かわむら・かずま)1997年1月7日、大阪府出身。25歳。中学時代にEXILE・TAKAHIROに憧れて歌手を目指す。2014年4月「ボーカル・バトル4」に合格しTHE RAMPAGEのボーカル候補に。同年9月に正式メンバーとなり、17年1月「Lightning」でデビュー。4枚目のシングル「100degrees」でラップパートの作詞を手掛ける。18年、日テレ系「PRINCE OF LEGEND」で俳優デビュー。19年には映画「HiGH&LOW THE WORST」で初主演。特技は空手。身長170センチ、血液型B。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×