【オリックス】山岡泰輔、4回途中6失点KO 初回2適時打と押し出し四球で4失点…約2か月白星なし

4回2死一塁、交代を告げられた山岡泰輔(カメラ・義村 治子)
4回2死一塁、交代を告げられた山岡泰輔(カメラ・義村 治子)

◆オリックス―ロッテ(22日・京セラドーム大阪)

 オリックスの山岡泰輔投手が、早い回にマウンドを降りることになった。

 初回1死二塁から中村奨に適時二塁打を浴び先制点を献上。その後四球と安打が絡み満塁となると荻野貴に四球を与え押し出し、なおも満塁で山口に2点二塁打を許し、この回4失点を喫した。

 2、3回は無失点で抑えたが、3点ビハインドの4回無死一塁から山口に2ランを被弾した。その後2アウトを奪ったが、高部に中前打を許したところで交代が告げられた。3回2/3を7安打2四球6失点だった。

 山岡は6勝目を挙げた7月19日の日本ハム戦(京セラD)を最後に白星から遠ざかっている。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×