ロンドン五輪銀の藤井瑞希さん、指定難病の再生不良性貧血と診断「前向きに治療を頑張っていきます」

藤井瑞希さん
藤井瑞希さん

 バドミントンの12年ロンドン五輪女子ダブルス銀メダルの藤井瑞希さんが22日、自身のSNSを更新し、指定難病の再生不良性貧血と診断されたことを明らかにした。

 8月上旬の人間ドックで血液検査に異常が見られ、当初は医師から白血病の可能性も伝えられていた。精密検査の結果、再生不良性貧血と明らかになった。既に寛解に向けて治療に入っている。「『再生不良性貧血』という病名を聞いて、知らない人のほうが多いと思います。ぜひ一度検索して、少しでも多くの方に知っていただきたいです。私は、いたって元気です。前向きに治療を頑張っていきます」と心境を明かした。

 スポーツや現場での仕事は控えるものの、リモートでの取材や講演、技術指導など、可能な活動は続けていく意向。「お家でできることは、今までと変わらず活動していきたいと思っていますので、ぜひご相談ください」とした。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×