高安“因縁の相手”若隆景を破って3敗死守 逆転初Vへ「千秋楽まで気を引き締めて」

スポーツ報知
若隆景(左)を攻める高安 (カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽秋場所12日目(22日、東京・両国国技館)

 西前頭4枚目・高安(田子ノ浦)が、関脇・若隆景(荒汐)を引き落としで下し、3敗を守った。激しい一番を制し、「今日は集中してできました。前に出られました」とうなずいた。

 今年春場所で決定戦の末に初賜杯を譲った“因縁の相手”との一番。立ち合いはかち上げ、激しくぶつかった。「思い切り踏み込めたのでよかったです。後手にならないように取れました」。その後も攻め手を緩めず、のど輪で押し込むと、最後は冷静に引き落とした。

 優勝争いでは2敗で玉鷲(片男波)の先頭は変わらず、3敗に翔猿(追手風)、高安、北勝富士(八角)、錦富士(伊勢ケ浜)の4人が並ぶ。初賜杯を狙う大勢経験者は「千秋楽まで気を引き締めて、盛り上げられたらいいですね」と気合いを入れた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×