岡田准一「間違ってもデートで来るんじゃねーぞという内容」 主演映画「ヘルドッグス」舞台あいさつ

スポーツ報知
公開御礼舞台あいさつに登壇した(左から)原田眞人監督、岡田准一、坂口健太郎(カメラ・田中 雄己)

 俳優の岡田准一(41)らが22日、都内で主演映画「ヘルドッグス」(原田眞人監督)の公開御礼舞台あいさつに登壇した。

 黒の衣装で登壇した岡田は「イチかゼロかで。ハマれば至福。間違ってもデートで来るんじゃねーぞという内容でね」とニッコリ。16日の公開後、大きな反響があるといい「知り合いから『今、岡田さんが犬の映画やっているらしいね』と聞かれたので、『怖い犬の映画やっているんです』と答えまして。気づいていただけるといいんですけどね」と会場の笑いを誘った。

 バディを組んだ坂口健太郎(31)とは劇中で「相性98%」と診断されたが、坂口は「残りの2%を探すような旅であった感覚もありまして。でも、実は本当の相性診断すごい低いんですよね」と言うと、岡田も「本当は、20%くらいでね」と苦笑いを浮かべた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×