【日本ハム】ヘルニア手術から復帰の五十幡亮汰が1軍合流 23日復帰戦へ「思い切っていきます」

スポーツ報知
五十幡亮汰(右)と新庄剛志監督

 4月に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、リハビリを続けていた日本ハムの五十幡亮汰外野手が22日、楽天生命パークで行われた全体練習に合流。23日の楽天戦(楽天生命)に「2番・中堅」で出場する。これで日本ハムは、支配下の野手全員が今季の1軍公式戦に出場することになる。

 俊足が売りでビッグボスに4番候補にも挙げられていた五十幡は、3月2日に腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け、リハビリを行っていたが、下肢症状が悪化したため、4月に入り経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を受けていた。

 五十幡は「試合慣れというところでもう少し球とか見たかったなというところはあるんですけど、しっかり切り替えてじゃないですけど、自分のやってきたことを信じてやるだけなので。思い切っていきます」と意気込んだ。

 新庄監督も「よかったね。早い復帰、大変なリハビリだったと思いますけどね。怖さがなくなるくらいのプレーができるように。大体(恐怖心が)残るからね。思い切りやってもらって。明日、とりあえず2打席くらい」と歓迎。さらに「頭から。4番と2番どっちがいい?って言ったら、『2番でお願いします』って。ちっちゃいなって(笑い)」と舞台裏を明かしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×