馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

【凱旋門賞】日本馬が現地で3頭併せ ステイフーリッシュ、ディープボンド好調 1週前追い切り

前走8月の仏ドーヴィル大賞では2着だったステイフーリッシュ
前走8月の仏ドーヴィル大賞では2着だったステイフーリッシュ
凱旋門賞が今秋の初戦となるディープボンド
凱旋門賞が今秋の初戦となるディープボンド

 凱旋門賞・仏G1(10月2日、パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)に出走を予定するステイフーリッシュ(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ステイゴールド)とディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)が9月22日、フランスのエーグル調教場の芝周回コースで追い切りを行った。

 この2頭に、ステイフーリッシュとともに現地に帯同しているエントシャイデン(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)を加えた約7ハロンの3頭併せで実戦さながらにハードに鍛えられた。

 ステイフーリッシュに騎乗した西村淳也騎手=栗東・フリー=は「最初は先頭を走っていました。コーナリングも問題なく、良い負荷をかけることができました。最後は抜かれましたが、順調に来ていると思います」と好感触だった。

 一方、ディープボンドには、フランスのトップジョッキー、ミカエル・バルザローナ騎手が騎乗。「動きが良く、注文をつけるところはありません。コンディションも良さそうです」と仕上がりのよさを強調すると、動きを見届けた大久保龍志調教師も「(昨年の凱旋門賞に続く)2度目の遠征でもあり、日に日にこちらの環境にフィットしてきているようで、日本にいるときより良く見えます。矢作芳人厩舎の協力もいただき、理想的な3頭の真ん中に入れる調教ができ、1週前追い切りとしては申し分ない動きでした」と及第点を与えた。

前走8月の仏ドーヴィル大賞では2着だったステイフーリッシュ
凱旋門賞が今秋の初戦となるディープボンド
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×