【元白鵬・宮城野親方の目】私も苦しめられた高安のかち上げからいい流れ作った

スポーツ報知
若隆景(手前)を攻める高安(カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽秋場所12日目(22日、東京・両国国技館)

 西前頭4枚目・高安が因縁の対決を制して3敗を守り、優勝戦線に踏みとどまった。関脇・若隆景を引き落とし。今年3月の春場所の優勝決定戦で敗れた相手を破り、トップに1差と迫った。悲願の初賜杯をつかむべく、白星を積み上げる。

 * * *

 高安は右かち上げの立ち合いからの当たりで、いい流れを作りました。11日目に負けた妙義龍と若隆景は低い姿勢で相撲を取る似たタイプです。若隆景も3連敗後は8連勝と復調し、立ち合いは悪くありませんでした。勝負の一番で、あの強烈な立ち合いができたのが大きいですし、一つ一つの突っ張りも重い。決まり手は引き落としでしたが、圧力があったからこそ決まったと思いますね。

 現役時代に対戦がありますが、かち上げは本当に強力で私も苦しめられました。うかつにふわっと立つと、体が一気に持っていかれます。先日のコラムでも書きましたが、四つに組めば腰も重い。それは他の力士にはないものですし、現役の中では高安が一番強いのでは、と思っています。

 11日目の黒星からうまく切り替えられたことも素晴らしいです。3月の春場所で優勝決定戦まで進出した経験が生きていると思います。もしかすると、優勝ラインも3敗まで下がるかもしれません。やってくれるのでは、と期待しています。混戦ですが優勝経験のある玉鷲もいます。役者がそろっていて楽しみです。(宮城野親方=元横綱・白鵬、スポーツ報知評論家)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×