玉鷲2敗目も北勝富士が貴景勝に敗れ単独首位変わらず 3敗で翔猿、高安、錦富士を加えた4人が追う

スポーツ報知
玉鷲(左)は若元春に寄り切りで敗れた(カメラ・頓所美代子)

◆大相撲 ▽秋場所12日目(22日、東京・両国国技館)

 東前頭3枚目・玉鷲(片男波)は、同6枚目・若元春(荒汐)に寄り切られて2敗目となった。

 ただ西前頭8枚目・北勝富士(八角)は、大関・貴景勝(常盤山)の変化にバッタリ。はたき込みで敗れ、3敗に後退した。東前頭10枚目・錦富士(伊勢ケ浜)も、同筆頭・翔猿(追手風)に押し出され、3敗目。玉鷲の単独トップは変わらず。

 西前頭4枚目・高安(田子ノ浦)は、関脇・若隆景(荒汐)との3敗対決を引き落としで制し、優勝戦線に踏みとどまった。

 大関・正代(時津風)は、関脇・豊昇龍(立浪)の首投げに屈し、10敗目となった。

 来場所は関脇への転落が決まっている大関・御嶽海(出羽海)は、東前頭4枚目・錦木(伊勢ノ海)を突き落としで下し、連敗を「6」で止めた。

 2敗でトップは平幕の玉鷲。3敗で平幕の翔猿、高安、北勝富士、錦富士が続く。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×