【東都大学準硬式野球】中大が11得点で大勝 伴野匠がダメ押し弾

猛打賞を記録した中大・伴野
猛打賞を記録した中大・伴野

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部2回戦 中大11―5帝京大(22日・スリーボンドスタジアム八王子)

 中大が大勝した。初回、二死2塁から、4番・小林洸誠(3年)=中越=の適時打で先制すると、3回は4連打で2点を加えた。さらに、4点リードの8回は、伴野匠(4年)=東海大菅生=がダメ押しの左越え2ランを放ち、帝京大を突き放した。投げては、エース左腕・石井竜弥(3年)=浦和学院=を含む3投手の継投で、帝京の追撃を阻止し勝利を収めた。

 猛打賞を記録した伴野は「春に連敗して前回も負けていたので、今回は必ず勝つという気持ちで臨みました。次戦は東海大ですが、一戦も落とせないので、全身全霊でチーム全員で戦って勝ちたいと思います」と振り返った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×