埼玉栄高前監督の橋本賢一氏「人として立派な子を」ジュニアゴルフアカデミーが新たに開校

スポーツ報知

 ジュニアを対象にしたゴルフスクール「ケニーゴルフアカデミー」が10月10日に開校する。埼玉栄中高ゴルフ部前監督で、同校の校長を務める橋本賢一氏、事務局として携わるJGS株式会社代表取締役の土屋隆弘氏がこのほどスポーツ報知の取材に応じ、同アカデミー開校に向けた思いなどを語った。

 ジュニアゴルフ界に新たなスタイルの学舎が誕生する。橋本氏は「携わるからには人間として立派な子を教育したいと思っている。試合に臨むにあたっての心構えなど『何を言ってあげたらいいのか』(生徒との)話し合いの場も設けたい。また、小中高の生徒を預かるから、進路指導もしっかり行っていきたい。ゴルフだけではない総合的なマナーや勉強もしっかりやった上で、なおかつゴルフをやる子を育てていきたい」と思いを口にした。

 橋本氏と土屋氏は仕事を通じて20年来の間柄。土屋氏は「今の時代はどうしてもディスタンスがあり、コミュニケーションをとるのが難しくなっている。でも社会に出て、人とコミュニケーションをとらなかったら、何もうまくいかない」との考えを抱き、「橋本先生は埼玉栄時代から子供たちの心の中にグイグイと入り込んでいく指導力、人間力をお持ちになっている。この先生にあとどれくらい生徒が指導を受けられるか。受けて欲しいな」と思い立った。橋本氏が今年6月、埼玉栄中高ゴルフ部監督を勇退したタイミングで、同校の校長就任を打診した。

 ケニーゴルフアカデミーでは従来のゴルフスクールのような技術のレッスンだけでなく、「徳・技・知・体」の基本理念の下、人間力の向上も重視した指導を行っていく。JGSは事業の一つとして、英会話教室も展開しており、「世界で通用するトップアスリートを育てる」ために語学指導も見据えている。また、橋本氏自身、埼玉栄中高で進路指導などを担当していた事もあり、そのノウハウを生かして生徒にアドバイスも行っていくという。

 ゴルフの通常レッスンは、さいたま市の与野ロイヤルゴルフセンターで週に1回実施される。橋本氏の埼玉栄中、高での教え子で22歳の木村朱夢さんがコーチを務め、月に1回、同氏も直接講習を開く。生徒には9歳から15歳頃までのジュニア選手を対象に募集している。世界を見据えたジュニア育成の新たな扉が開かれる。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×