東京五輪銀のバスケ女子日本代表 W杯初戦は89―56でマリに圧勝

渡嘉敷来夢
渡嘉敷来夢

◆バスケットボール女子 ▽W杯(22日、オーストラリア・シドニー) 

 1次リーグB組で世界ランク8位の日本は、同37位のマリを89―56で下し、初戦白星発進した。

 日本は第1クオーター(Q)、20歳の平下愛佳(トヨタ自動車)が3点シュートを3本沈めるなど積極的なプレーが光り、21―18。第2Qは47―29とさらにリードを広げて前半を折り返した。

 後半も立ち上がりから赤穂ひまわり(デンソー)の素速いドライブシュートで勢いづくと、着実に点差を広げていく。代表復帰した日本のエース、渡嘉敷来夢(ENEOS)も193センチの長身を生かしたディフェンスでしっかり貢献し、第3Qは66―44。第4Qも勢いそのままに得点を重ね、相手を寄せつけることなく89―56で圧勝した。

 日本は21年東京五輪で史上初の銀メダルを獲得。W杯では1975年大会の銀メダルが過去最高成績。次戦は23日、世界ランク10位のセルビアと対戦する。

 ◆大会方式

 12チームが6チームずつの2組(A、B)に分かれ、総当たりの1次リーグを実施。各組上位4チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進出する。優勝チームには24年パリ五輪の出場権が与えられる。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×