旧統一教会改革推進本部長就任の勅使河原秀行氏、会見冒頭に謝罪「世間を騒がせ、心からお詫び致します」

スポーツ報知
東京・汐留の日本テレビ

 22日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、この日、都内で行われた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の緊急会見を生中継した。

 教会改革推進本部本部長に就任し、この日の会見に出席した勅使河原秀行氏は92年の合同結婚式に参加し、話題になった人物。ワイドショーなどでは「テッシー」の愛称で呼ばれることもあった。

 宮根誠司キャスターに「この勅使河原さんをよくご存じですか?」と聞かれた旧統一教会を40年以上取材してきたジャーナリスト・有田芳生氏は「教団本部の仕事をされる形でずっと表には出てこなかったんだけど、今回、30年ぶりに表に出てきたということで、昔の名前で出ていますって感じですね」と説明。「92年の時も彼が出てきたら、爽やかな印象がありましたし、弁が立つ。人材不足なんでしょうけど、こうやって問題の矢面に出てきたということだと思います」と続けた。

 弁護士と共に出席した勅使河原氏は会見冒頭、「安倍元首相の銃撃事件以降、様々な報道を通じて世間を大変お騒がせしましたこと並びに日本国政府、国会議員の皆様に大変なご迷惑をおかけしたことを心からお詫び致します。大変、申し訳ありませんでした」と起立し、深々と頭を下げた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請