日本テレビ、「アナウンサー発」のアパレルブランド発表「新たな可能性を模索したい」」

スポーツ報知
日本テレビの新規アパレル事業「Audire」の発表会に出席した(左から)忽滑谷こころ、郡司恭子、佐藤真知子の各アナウンサー

 日本テレビは22日、同局のアナウンサーによるアパレル事業「Audire(アウディーレ)」を立ち上げ、都内で行われた発表会に企画発案者の郡司恭子アナらが出席した。

 同局が100%出資する新規事業。ラテン語で「聴く」を意味する「Audire」は「Wear the Voice.」をコンセプトにしたアパレルブランドで、第1弾としてワンピースやブラウスなど5商品を発売する。昨年8月に社内の新規事業企画募集に自ら応募した郡司アナは「アナウンサーたちの新たな可能性を模索したいと思って立ち上げました」と意図を説明する。

 郡司アナの発案に同局のアナウンサー陣も賛同。郡司アナによると「アナウンサーならではの視点や声を取り入れながら、ブランドのコンセプトや設計、ネーミング、カラーリングなど、アナウンサーが主体となって、選んできました」と物作りを通して働き方の価値観が変わったという。「お金の管理や事業計画の作成、社内調整をするのが本当に大変でしたが、その中で会社心としての新しい筋肉を身につけた気がします」と手応えを語った。

 女性アナウンサーならではの「服装あるある」について質問が飛ぶと、2部のトークセッションで進行役を務めた徳島えりかアナが「ほかのタレントさんと色がかぶらないように、2パターンを用意していく」と紹介。司会の森圭介アナも「複数のアナウンサーが出演する番組では、先輩が何色の服を着るかも重要だと風の噂で聞きました」と話を広げると、郡司アナは「特にルールはないのですが、後輩の立場だと数日前からソワソワして『何色を着られますか?』と聞くことはありました」と語った。

 テレビの出演者としてだけではなく、取材者の目線からも服選びをしているという。郡司アナは「パンツスーツは必ずみんなロッカーに1セットずつ入れています。衣装を汚してしまったときは、先輩後輩が『私のを使ってください』と助け合ったり、ロケは私服が多いので、徳島さん、水卜(麻美)さんや後輩の岩本乃蒼とコロナ前まではよく一緒にお洋服を見に行ったりしていました。本当に仲が良いんです」とアナウンサーチームの絆の深さを明かしていた。

 商品は公式のECサイトを中心に展開。9月30日から10月2日まで、東京・代官山で一般向けの試着展示・受注会を行う。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×