グレート・ムタ、ニューヨーク降臨…初のAEWでスティングと再会のビッグサプライズ

スポーツ報知
グレート・ムタ

◆プロレス「AEWダイナマイト・グランドスラム」(21日=日本時間22日=、米ニューヨーク、アーサー・アッシュ・スタジアム)

 グレート・ムタがAEWに初降臨した。米プロレス団体「AEW(All Elite Wrestling)」が21日(日本時間22日)、ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで開催したビッグマッチ「グランドスラム」に武藤敬司の化身グレート・ムタが突如、出現した。

 会場のアーサー・アッシュ・スタジアムは、テニス会場として世界最大の2万3771人を収容。今月11日まで全米オープンを開催していた。ムタのテーマがスタジアムに鳴り響くと2万人を超える観衆は総立ちになった。リングインしたムタは、リング上で椅子に縛られたスティングに歩み寄った。敵対するバディ・マシューズへドラゴンスクリューを決めさらに緑の毒霧を顔面に噴射するとアリーナは大歓声に包まれた。

 ムタとスティングは1980年代後半にWCWマットで抗争を展開。90年代には新日本プロレスのビッグマッチでタッグ、対戦するなどムタの歴史の中で最も重要なパートナーでもありライバルでもある。ムタはスティングとの再会を喜ぶように一礼するとツーショットで写真撮影に応じていた。

 ムタは代理人を務める武藤敬司が来年2月21日に東京ドームで引退することに伴い、魔界へ帰還することが決定。今月3日には90年9月7日にサムライ・シロー戦で日本初降臨した記念の地となるエディオンアリーナ大阪第1競技場で新日本プロレスのグレート―O―カーンと初タッグを結成。2人に加えてNOSAWA論外とのトリオでGHCヘビー級王者の拳王、征矢学、タダスケの反体制ユニット「金剛」と対戦し、オーカーンがタダスケを沈め勝利したが試合後のリング上でムタが毒霧を噴射しオーカーンと決別した。

 大阪の試合後、ムタは「See You Soon Maybe United States(間もなくアメリカで会えるだろう」と予告。その言葉通りのAEW初降臨となった。

 大阪では「Maybe New Japan(新日本かもしれない)」と新日本プロレスへの降臨も予告した。ムタは来年1月22日、横浜アリーナでラストマッチを行うが、この日で終幕までジャスト4か月。スティングとの再会というビッグサプライズが今後、どう展開するか。さらに次なる降臨は新日本かそれとも…。ファイナルまでさらに目が離せない展開となった。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×