【ロッテ】井口資仁監督が来季も続投へ 若手の積極的な起用が評価

スポーツ報知
井口資仁監督

 ロッテの井口資仁監督(47)が来季も指揮を執る方針で調整していることが22日、分かった。就任5年目で2年契約の2年目となる今季は、3位にゲーム差3の5位と苦しんではいるものの、20年、21年と2年連続の2位と終盤までリーグ優勝争いを演じた。最終決定は残り試合も重要となってくるが続投が基本線とされる。

 井口監督は20年、21年と2年連続の2位と終盤までリーグ優勝争いを演じた。今季は3年目の佐々木朗が史上最年少での完全試合を達成する偉業を成し遂げ、ドラフト1位の松川は高卒新人捕手として史上3人目となる開幕スタメンに抜てき。積極的な若手の起用と育成を両立した手腕が球団に高く評価された形だ。7月21日の西武戦では前身球団を含め7人目となる監督通算300勝を達成。契約となれば6年連続の指揮で最長タイとなる。

 チームは22日のオリックス戦で敗れれば優勝の可能性が消滅する。残り9試合、最後まで重要な戦いとなる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×