【巨人】大勢、プロ初3連投で新人記録王手36セーブ目「誠司さんの要求通り自信を持って投げました」

9回2死、代打・戸柱 恭孝を投ゴロに打ち取った大勢(カメラ・清水 武)
9回2死、代打・戸柱 恭孝を投ゴロに打ち取った大勢(カメラ・清水 武)

◆JERAセ・リーグ DeNA1―2巨人(21日・横浜)

 巨人の大勢投手がプロ初の3連投。1点リードの9回に登板し、打者3人で無失点に抑えて36セーブ目をマークした。

 栗林(広島)と山崎康(DeNA)の持つ37セーブの新人最多セーブ記録に王手となった。

 先頭の代打関根に2ボールとなったが立て直し、最後はフルカウントから156キロ直球で空振り三振。後続を完璧に抑えた。「誠司さんの要求通り自信を持って投げました」と捕手の小林を信じて強気に腕を振って試合を締めた。

試合詳細

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請