広島の“絶好調男”MF川村拓夢、2ゴールで9月5点目 ルヴァン杯準決第1戦

スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯▽準決勝・第1戦 福岡2―3広島(21日・ベススタ)

 広島の“9月絶好調男”MF川村拓夢が、2ゴールの活躍で福岡戦の勝利に貢献した。前半22分、セットプレーの折り返しを頭で押し込むと、2―0で迎えた後半10分にもゴール前に進入して左足を振り抜き3点差に。チームは終盤に2点を返されたが、リードを保ったまま第2戦(25日・Eスタ)に向かうことになった。

 ボランチからの攻撃参加を得意とする川村は、9月にリーグ戦と天皇杯の出場5試合で5ゴールと大暴れ。「去年までプレーしていた愛媛で得点力を身に着けてきた。そういうものを出せるようになってきたのが、点が取れている要因かと思います」。19年から3年間、期限付き移籍していたJ2愛媛では計15得点。特に昨季は8得点をマークした自信が、広島でも発揮されつつある。

 チームはリーグ戦3位、天皇杯もベスト4進出と、3冠の可能性を残す。下部組織育ちの川村は「チームが大事な時、きつい時に得点で助けたい。誰よりも、このクラブにタイトルをもたらしたい、という強い気持ちを持っています」と次戦に向けて気持ちを引き締めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×