【巨人】5回に若林晃弘が二ゴロで決勝点 原監督「代打でああいうバッティングができると…」

スポーツ報知
巨人・原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ DeNA―巨人(21日・横浜)

 巨人の若林晃弘内野手が5回1死二、三塁からシューメーカーの代打で出場。カウント1―2から二ゴロを放ち、その間に三塁走者が生還。結果的にこれが決勝点となった。

 原監督は「野球というのは難しいんだけど、追い込まれたら最高の仕事、最低限の仕事という言い方もあるけれどもね。その部分では非常によかったと思いますね。ピンチヒッターでああいうバッティングができると、存在感がありますね」とたたえた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年