【巨人】6回無死一、二塁から中田翔がプロ2度目の犠打 原監督「最善策と思った」

スポーツ報知
6回無死一、二塁、捕犠打を決めた中田翔(カメラ・清水 武)

◆JERAセ・リーグ DeNA―巨人(21日・横浜)

 巨人の中田翔内野手が6回無死一、二塁からプロ2度目の犠打を決めた。

 初回2死三塁から先制打を放っていた主砲が、小技もしっかり決めて好機を拡大した。原監督は「俺は最善策と思ったことだから」と説明。1死二、三塁とし、続く岡本和が四球を選び満塁のチャンスを作ったが、後続が倒れ無得点。「あそこをなんとか(得点につなげたい)というところはありますけども、横浜のリリーフ陣も簡単には打てませんね」と振り返った。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年