【中日】引き分け挟んだ連勝は3でストップ 松葉貴大がサンタナに痛恨の逆転3ラン献上

スポーツ報知
1回、リプレイ検証を求める立浪和義監督

 ◆JERAセ・リーグ 中日2―6ヤクルト(21日・バンテリンD)

 中日は引き分けを挟んだ連勝が3で止まった。序盤に味方が2点を先制したが、4回にサンタナに逆転3ランを浴び、その後もヤクルトに効果的に得点を奪われ、逆転負けを喫した。

 先発・松葉貴大投手は5回途中4失点で7敗目。左腕は「味方が先に点を取ってくれたのに、すぐに逆転されてしまい、良い流れを切ってしまった。申し訳ない」とうなだれた。

 攻撃陣も3回の岡林、大島の連続適時打以降は沈黙。継投したヤクルト投手陣を崩せなかった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×