【DeNA】蝶野正洋が予告通りのビンタ解禁 標的はまさかのDB.スターマン!

スポーツ報知
DB.スターマンにビンタで気合を入れる蝶野正洋(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA―巨人(21日・横浜スタジアム)

 プロレスラー・蝶野正洋が21日、巨人戦(横浜スタジアム)の試合前セレモニーに参加し、予告通りビンタを解禁した。

 『I☆YOKOHAMA SERIES』スペシャルユニフォームを着用して登場した蝶野正洋はまずはマイクパフォーマンスを披露。「98年に三浦監督、鈴木コーチが東京ドームのプロレスのリングに上がってくれた。98年はベイスターズが日本一になった。きょうは逆転優勝を目指す横浜ベイスターズにカツを入れにきた!」とスタンドのファンを喜ばせた。

 三浦大輔監督がマウンドに立ち、捕手役の鈴木尚典打撃コーチに投げ込んだ。打席に入った蝶野は空振りして1球対決は終了。写真撮影の後に、「そうだ、一つ忘れていた」と、ホームベース付近に戻り、球団マスコットのDB・スターマンに気合注入のビンタをかました。

 蝶野は「2020年まで年末年越しにやってきたビンタを、今回、横浜スタジアムで解禁する」と予告していた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×