【オーバルスプリント】シャマルがダート重賞3勝目

スポーツ報知
オーバルスプリントを制したシャマル

◆第33回テレ玉杯オーバルスプリント・交流G3(9月21日、浦和・ダート1400メートル)

 古馬のスピード自慢11頭が参戦した交流重賞は、単勝1倍台に支持された1番人気のシャマル(牡4歳、栗東・松下武士厩舎、父スマートファルコン)が、川須栄彦騎手を背に2番手でレースを進め、直線で逃げたプレシャスエース(左海誠二騎手)を交わすと後続の猛追をしのぎ切った。8月のサマーチャンピオンに続く連勝で重賞3勝目。勝ち時計は1分25秒8。

 2着には唯一の3歳馬で3番人気・リメイク(福永祐一騎手)、3着には地元・浦和勢のティーズダンク(和田譲治騎手)が入った。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×