【神戸新聞杯】パラレルヴィジョン抜群の伸び脚…国枝調教師「楽な手応えで行けていた」

スポーツ報知
状態の良さをうかがわせたパラレルヴィジョン

◆第70回神戸新聞杯・G2(9月25日、中京競馬場・芝2200メートル=1~3着に菊花賞の優先出走権)追い切り=9月21日、美浦トレセン

 デビューから2連勝と底を見せないパラレルヴィジョン(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎、父キズナ)はWコースでモーソンピーク(5歳2勝クラス)との併せ馬。1馬身半追走してスタートすると、道中は我慢が利いてリズムのいい走り。最後の直線では内から僚馬に並びかけると、グンとギアが上がり5ハロン66秒2―11秒4でフィニッシュした。

 国枝調教師は「いい雰囲気。楽な手応えで行けていたし状態はいいよ」と出来の良さを伝えた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×