ジャッジが史上6人目のシーズン60号 打率もリーグトップで3冠王に

スポーツ報知
60号本塁打を放ったジャッジ(ロイター)

◆米大リーグ ヤンキース9×―8パイレーツ(20日、ニューヨーク=ヤンキースタジアム)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)が20日(日本時間21日)、本拠地・パイレーツ戦に「1番・右翼」でスタメン出場し、メジャー史上6人目となるシーズン60号本塁打を放った。

 4点を追う9回先頭の5打席目、カウント3ボール、1ストライクからの5球目。パイレーツ救援右腕・クロウの95・3マイル(約153・4キロ)を左翼席に運んだ。打球速度111・6マイル(約179・6キロ)、飛距離430フィート(約131メートル)だった。ヤンキースはこの一打で勢いづくと、無死満塁からスタントンの27号満塁弾が出てサヨナラ勝ちした。

 これまで、シーズン60本塁打を放ったのは01年に史上最多73本を放ったバリー・ボンズを筆頭に、ベーブ・ルース、ロジャー・マリス、マーク・マグワイア(2度)、サミー・ソーサ(3度)の5人8度。ジャッジは01年のボンズ、ソーサ以来21年ぶりに大台に乗り、18日(同19日)の敵地・ブルワーズ戦で2発を放ってから1日の休養日を挟んでの2試合連続弾で、歴代のパワー自慢に名前を並べた。

 さらにこの日は4打数1安打で打率は3割1分6厘。打率もリーグトップに浮上し、60本塁打、128打点とともに3部門でリーグトップに立ち、三冠王も視野に入ってきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×