【中日】岡林勇希、2度目の“バヤシ撃ち”で値千金の決勝打 立浪和義監督「非常に頼もしい」

4回、代打を告げる立浪和義監督(カメラ・谷口 健二)
4回、代打を告げる立浪和義監督(カメラ・谷口 健二)

◆JERAセ・リーグ 広島3―5中日=延長11回=(20日・マツダ)

 中日・岡林勇希外野手が値千金の一打でチームを3連勝に導いた。

 延長11回2死一、二塁で、広島の守護神・栗林から左翼線へ落ちる適時二塁打。「その前の5打席、内容も感覚も良くなかったが、チャンスだったので、自分が狙ったボールをはじき返すことができ、すごくうれしかった」。4月にも栗林からサヨナラ打を放っていた高卒3年目の竜の“バヤシ”が大仕事をやってのけた。

 先発・柳は5回3失点だったが、2番手以降の祖父江、清水、ロドリゲス、谷元、藤嶋、R・マルティネスが圧巻の無失点リレーでつないだ。

 以下、立浪監督の一問一答。

―岡林が決めた。

「それまで打ててなかったんですけどね。勝負どころで、打てないときでも打ってくれるのは、非常に頼もしい」

―4月も栗林から打っている。

「イニングまたぎしてたしね、向こうも。多少は疲れもあった。あそこはよう打ちましたね」

―中継ぎ陣も好投した。

「(スコアで相手を)越せるところで越せなかった。中継ぎがこの逆転を呼びこんでくれた」

―清水は50試合で30ホールドに到達。

「初めてのフルシーズン。非常に彼の働きは大きい。あと10試合。ここからも大事」

―高橋周は途中から代打で起用した。

「(打撃)フォームをね、波留コーチとやっている。ちょっとずつ良い形にはなってきた。チャンスなんで使ってみたんですけど、あそこはよう四球をとってくれた」

―2回の四球が効いた。

「そこ(4回)もそうですし、最後の四球もよく見極めた。先頭で出たのはよかった」

―柳が本調子じゃなかった。

「立ち上がりは、本人も意識している。このところうまくいってないですけど。柳ぐらいになればなんとか克服していかないと。その後は、5回までよく投げてくれた」

―1番・大島と2番・岡林に打順を入れ替えた。

「相性で。数字のデータははっきり出るんで。大島が非常によく打ってるということで、1、2番入れ替えました」

―NPBからの「厳重注意」の発表については。

「自分では(交代を伝達)したつもりだったんですけど、そのままリクエスト入ってしまった。以後、気をつけてはっきりと伝えるように。気をつけます」

―抹消の平田は。

「肘の状態も悪いとか色々あったんで抹消した」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×