【楽天】投打かみ合わず同一カード4連勝逃す 石井一久監督「得点を取って失点を抑えることをしっかりやっていきたい」

スポーツ報知
石井一久監督

◆パ・リーグ 西武4―1楽天(20日・ベルーナドーム)

 楽天は投打がかみ合わず同一カード4連勝を逃した。

 打線は高橋に8安打を放つも1点止まり。先発の滝中は6回途中2失点の粘投を見せたが、1―2の8回に宋が2死一塁の場面で降板。ベンチは山川に対してブセニッツを送り込んだが、これが裏目に出た。山川に左翼線への安打を許し、一、三塁とピンチを広げると、続く外崎の3球目に痛恨の暴投で3点目を失った。さらに外崎にも適時打を浴びてこの回2失点。この2点が重くのしかかり敗れた。

 それでも今カードは3勝1敗とCS進出へ優位な状況をつくった。石井監督は「次の試合、次の試合がどんどんくるので得点を取って、失点を抑えることをしっかりやっていきたい」と残り9試合に視線を向けた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×