羽生結弦「決めてましたねー」4回転半成功のマリニンに「彼から学ぶこともたくさんある」…ミヤギテレビ生出演で語る

スポーツ報知
羽生結弦

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪を2連覇し、7月にプロ転向した羽生結弦さん(27)が19日、ミヤギテレビの「OH!バンデス」に生出演した。

 14日のUSインターナショナルクラシックで17歳のイリア・マリニン(米国)が、自身も2月の北京五輪で挑戦したクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を国際スケート連盟(ISU)公認大会で初めて成功したことについて言及した。

 司会者に話を振られると「決めてましたねー」とうなずいた。マリニンは今春から同ジャンプに本格的に取り組むなかで、羽生さんのジャンプを参考にしていたという。「研究されたっていう話も実際、していらっしゃいましたし」と話し、司会者から「全世界的に羽生さんを目標にする後輩が出てくることは?」と問われると「うれしいですね。僕自身も彼から学ぶこともたくさんありますし、やっぱり、自分がスケートをやっていて思うんですけど、一生勉強は終わらないなって思いますし、挑戦ということも、ずっと終わらないなと思うので」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×